ヒサヤ大黒堂~お尻の痛みよ、サヨウナラ~

Just another WordPress site

おすすめサイト

No Comments »

自宅で様子を見るなら

痔になってしまっても、なかなか病院に行こうと言う決心は出来ないものです。
本当は病院に行くべきだろうけど、もしかしたら治るかもしれないと思ってしまう人も多いでしょう。
悪化させない為にも、自分で出来る痔の予防や対処方法を行っておく必要があります。

例えばその1つがヒサヤ大黒堂の薬です。
ヒサヤ大黒堂の薬は、天然由来の成分しか含まれていないので、非常に身体に優しいものです。
また痛み止め成分などが入っている対症療法の薬と違って根本治療の為の薬なので、塗っているだけで完治する事もあります。

また自宅で気軽に行える対策の1つとしては、肛門括約筋を鍛えておく事も方法として挙げられます。
肛門括約筋とは、排便時に肛門を運動させる筋肉の事です。つまり肛門をぎゅっと閉めたり、緩めたりなどの運動をしておくのです。こうする事によって、排便をスムーズに行えるようになる場合や、肛門付近のうっ血を解消出来る場合もあります。

自宅で様子を見る際には、これらの方法を試しながら、悪化させないように注意しておく必要があります。

No Comments »

排便後は

痔が悪化してくると大変なのが毎日行なう排便です。
ただでさえ痛いのに、そこから便を出さなければいけないとなると想像を絶する痛みを伴う事になります。
またそれだけではなく、腫れたり傷になったりしている部分を不潔な便が通るわけです。だからこそ、慎重すぎる程にケアしておかねければ、症状を悪化を招いてしまう事になります。
痔は悪化してしまうと、なかなか治りにくい病気なので、出来るだけ初期段階で治してしまうのが望ましいのです。
その為には、毎日行なう排便の際には、以下の事に注意しておく必要があります。

まず1つが洗浄です。
便は非常に多くの菌がいます。その為、排便をした後は拭くだけではなく、綺麗に洗浄しておかなければなりません。
その為、出来ればウォシュレットトイレを利用するようにしておき、不潔な状態を一刻も早く解消出来るようにしておくべきです。
またウォシュレットがない場所で排便出来るように、市販されているおしりふきを常備しておくのも1つの方法です。
そうする事で、肛門の清潔を保つ事が出来ます。

またその後は、患部の消毒やヒサヤ大黒堂の軟膏を塗るなども忘れずに行っておきましょう。
このようにしておけば、排便による痔の悪化を防ぐ事が出来ます。

No Comments »

外に出来る痔

痔の中でも最もかかりやすいと言われているイボ痔は、肛門よりも体内側で出来る場合と体外側で出来る場合があります。
このうち外側で出来た物を外痔核と言います。

外痔核は、初期のうちは大きな痛みもなく、肛門の外側に何か出来物がある程度の認識ですが、悪化してしまうと大きな痛みを伴う事もあるので注意が必要です。
もしこれに気付いたら、早めにヒサヤ大黒堂の薬を塗って、悪化しないようにしましょう。

外痔核の場合、悪化してしまうと突然痔の中で血が固まってしまう事があります。
こうなってしまうとこの病気は激しい痛みを引き起こしてしまい、座る事すら困難になってしまいます。この状態になると、病名は「外痔核」から「血栓性外痔核」になります。この血栓は衝撃を加える事で、突然破裂してしまう事もあります。そうなると痛みだけではなく、大量の出血を引き起こす場合もあります。

外痔核の場合は、初期ならヒサヤ大黒堂の薬などを使用して、経過観察する事が多いです。
しかし、症状が悪化してしまい、激しい痛みや大きな腫れを感じる場合には、手術を行なう事も視野に入れておいた方が良いでしょう。
手術が必要な程悪化しないように、薬をしっかり塗って規則正しい生活を心がけましょう。

No Comments »

内から迫る痔

痔には幾つかの種類があります。その中でも最もかかりやすい痔の1つがイボ痔です。
イボ痔は痔核とも呼ばれており、痔で悩んでいる人のおよそ半分はこのイボ痔だとも言われています。

このイボ痔はどの場所に出来るのかによって、症状や対処が少し変わってきます。
このページで触れておきたいのが、歯状線よりも体内側で起きているイボ痔です。
これは内痔核と呼ばれており、初期はあまり痛みを感じない為、注意が必要な痔の1つです。
この内痔核が悪化してしまうと、排便時に中で破裂してしまい出血してしまう事があります。またこのイボ痔が大きくなってくると、肛門から体外へと出てしまいます。
こうなってくると、イボ痔はかなり進行してしまっているので早急な治療が必要になります。
もしこのまま放置していると、いずれこのイボ痔は体内に戻る事がなくなってしまい、嵌頓痔核になってしまう可能性もあります。
この嵌頓痔核は、非常に激しい痛みを伴うだけではなく、場合によっては患部のうっ血が悪化してしまい、細胞が死んでしまう場合もあります。
こうなってしまわないように、内痔に気付いたら出来るだけ早急な対応が必要になります。
ヒサヤ大黒堂の薬を塗ってみる、病院に行ってみるなどしましょう。

No Comments »

たばこと痔の関係性

昔は、「たばこ=かっこいい」という風潮がありました。
しかし近年では、たばこの害についての発表が多数されており、日に日に喫煙者の肩身は狭くなっています。

たばこの害として挙げられている点は多数あります。もちろんそれは痔も例外ではありません。
痔をきっちりと治したいのなら、ヒサヤ大黒堂の薬を塗るだけではなく、こういった原因となる行為にも注意を払っておくべきです。

たばこが痔に影響を与える点としてまず挙げられるのが、ニコチンや一酸化炭素による血管の収縮です。血管が収縮すると、自然と血行不良が引き起こされやすくなってしまいます。
これが肛門周辺でうっ血を起こす原因となってしまい、痔を発症させてしまったり、症状を悪化させたりしてしまいます。

またたばこは、ビタミンCを消費してしまいます。
ビタミンCと痔は、一見関係のないように見えます。しかしビタミンCは不足してしまうと、体内にあるコラーゲンの働きが充分に行えなくなってしまいます。その結果、細かい血管が弱ってしまい、痔の原因になる事もあるのです。

このように、たばこは痔の原因となる事もあるので、痔でお悩みの方は禁煙も視野に入れておいた方が良いでしょう。

No Comments »

ダイエットをすると痔になる理由

女性にとって、細い脚や華奢な腕は羨ましいものです。 自分も少しでもそんな憧れの細い脚や華奢な腕になる為に、ダイエットを行っているという女性はたくさんいます。
しかし、このダイエットは痔にとって大敵とも言えるのです。特に食事制限を行なうダイエットは、痔に対して悪影響を及ぼします。
いくらヒサヤ大黒堂の薬を塗っているからと言っても、他に痔の原因となる事を行っていては、良化するまでに時間がかかってします。

ダイエットが痔にとって、悪い影響を及ぼす理由は、結果的に便秘症状を引き起こしてしまう人が多いからです。
人間は、食事で栄養を摂取する事によって、身体の様々な働きを行っています。
ダイエットの際は、この身体に働きに必要な栄養を充分に摂取する事が出来ていない状態に陥りやすいので、便秘になりやすいのです。
特に食物繊維は、通常の食生活を行っていても不足しがちな栄養素です。その結果、便が出にくくなり、硬い便へとなってしまいより肛門を刺激する理由を作ってしまうのです。
その為、ダイエットを行なう際には、単純にローカロリーにするのではなく、栄養バランスを充分に整えた食事を心がけるようにしましょう。

No Comments »

水分摂取量を見直す

痔になってしまうと、排便が非常に億劫になってきます。特に便が硬めの人の場合は、痔の部分を刺激してしまい痛みを伴う場合が多いでしょう。
その為、痔はヒサヤ大黒堂薬を使って出来るだけ早く治しておきたい所です。

また同時に対策を取っておきたいのが、排便を適度に柔らかくして、肛門に出来るだけ刺激を与えない事です。
いくら薬を塗っていても、便が硬ければ排便時に刺激を与えてしまい、治りを遅くしてしまいます。

そこで便を適度に柔らかくする為に意識しておきたいのが、摂取する水分量です。
人は食べ物に含まれている水分の多くを大腸にて吸収します。その為、身体の水分が不足しがちだと、便となる際に大腸が水分を多く吸収しようとしてしまい、結果的に便が硬くなってしまうのです。
これを防ぐためには、まず自分の水分補給量を見直す事が大事になります。基本的に人間は、食事を合わせて1日2リットル程の水分を摂取するのが望ましいと言われています。その為、まずはこの数値を目標にして、こまめに水分の摂取を意識しておく事で、硬い便から適度な柔らかさの便へと改善する事が望めるのです。

No Comments »

悪化させないように

発症してしまった痔は、放置しておくと悪化してしまう事もあります。
痔は悪化してしまうと激しい痛みを伴うので、早めにヒサヤ大黒堂の薬を使って治癒させておく必要があります。

またそれと同時に痔になってしまう自分の生活習慣を見直し、これ以上痔が悪化する原因を作らないようにしておきましょう。
痔が悪化してしまう原因は幾つかありますが、その中でも控えておきたい原因の1つが、過度のアルコール摂取です。
アルコールは適度な摂取では、痔に対して大きな問題を起こしませんが、過度になってくると血管を大きく拡張させてしまいます。
その結果、血液の流れに異変が生じてしまい、痔の原因になってしまう事があるのです。
また既に痔を発症している人は、少量のアルコールでも、痛みを大きくさせてしまう原因になる事があるので、控えておいた方が良いでしょう。

このように、しっかりと生活習慣を見直しながらヒサヤ大黒堂の薬を使えば、痔の症状を抑える事も難しくはありません。

No Comments »

我慢せずに

痔の時には、排泄が痛いからとトイレに行くことを我慢してしまうことがあります。
ですが、しっかり食べてしっかり出すことが痔の治療には大切なのです。
トイレに行くことを我慢すると便秘になってしまうので、肛門を傷つけやすい固い便ができてしまいます。
ヒサヤ大黒堂の薬を塗って治していこうとしても、治ったところに固い便が傷をつけていくことになるので痔に対していい状態であるとは決して言えません。

ですから、便意を感じたらすぐにトイレに行く習慣をつけましょう。
毎日決まった時間にトイレに行っても、便意がないときのいきみはそれ自体が痔の原因になりかねません。
便意がある時にトイレに行って、なるべくいきまずサッと出す。
これが痔の時も、痔の予防にもぴったりの方法です。
この方法ならおのずと排泄にかかる時間も3分程度になりますから、肛門に圧力をかけてしまう「いきみ」の動作も短くてすみます。

便意を我慢しすぎない、というのがもっとも身近な痔の治療法の一つなのです。

No Comments »

油断は大敵

寒い冬も終わり、気がつけば夏の足音が聞こえる季節になりました。
どんどん気温が上がって、昼間は半袖でも十分に過ごせるくらいの暖かさになってきています。
寒さによる血行不良も起こりにくく、いい季節…と言いたいところですが、暑くなってくると多くの人が使う設備があります。
冷房です。
これからの季節は外の気温による冷えではなく、冷房による冷えに注意していかなくてはなりません。
特に、外が暑くなる時期はどうしても軽装になりますから、空調の影響を受けやすくなるのです。

会社勤めの方でしたら、デスクにひざ掛けを1枚置いておくと冷え防止に効果があります。
寒いかな、と感じたらさっと羽織れるカーディガンがあるとなおいいでしょう。
また、温度の感じ方はそれぞれですから、上司などに合わせた空調は寒すぎるという方もいると思います。
そういった方はショウガ紅茶など体を温める飲み物を用意しておくのもおすすめです。

せっかくのヒサヤ大黒堂の薬も、体を冷やしてしまっては100%の効果を発揮できなくなってしまいます。
夏だからと油断せず、夏だからこそ忘れがちな冷えへの対策をしていきましょう。

No Comments »