ヒサヤ大黒堂~お尻の痛みよ、サヨウナラ~

Just another WordPress site

おすすめサイト

No Comments »

根菜類で痔を防ぐ

便秘は、痔を引き起こしてしまう大きな原因の1つとなっています。特に女性は、便秘で悩んでいる人が多い為、便秘を起こさないようにするだけで痔になる可能性下げる事が出来ます。

便秘になってしまうと、便は大腸に長時間滞在する事になる為、どんどんと水分を吸収されてしまいます。その結果、便は本来の軟らかさを失ってしまい、排便する際に肛門を傷つけてしまうのです。このような事を起こさない為にも、便秘は対策を行っておくべきと言えます。

便秘による痔を防ぐ為には、まず食物繊維を多く摂取し、便秘を解消する事が重要になります。
日本では、食事が欧米化した事により、食物繊維を摂取する量が減少しています。その為、意識的に食物繊維を多く含んでいる食物を食べるようにするべきです。
例えばその1つがごぼうや大根など根菜と呼ばれるものです。
これらには、不溶性食物繊維が多く含まれている為、少量を食べるだけで効果を期待出来ます。温野菜などでして他の野菜と共に食するとより健康的な排便を期待出来ます。

このように食物繊維を多く含んでいる食べ物は、回りまわって、痔を防ぐ事になるのです。

No Comments »

痛みが酷い場合は

痔になってしまうと、排便時などに急激な痛みに襲われてしまう場合もあります。
このような時にヒサヤ大黒堂の薬を塗ってもらえたり、治療を行ってもらえたりする状況なら早速行ってもらいましょう。
しかし痔の痛みは、突然やってくる事もあるので、痛みが過ぎ去るのを待つしかない場合もあります。
そのような時には、まず全身の力を抜いて、おしりに力をかけないように意識するのが大事になります。余計な力が加わると余計に痛みがひどくなってしまうので、力を抜く事が大事です。
また姿勢としては、横向きの状態でひざを軽く曲げたような姿勢がリラックスしやすく痛みが引きやすいので、覚えておきましょう。

このようにして痛みを緩和する事が出来たら、状況や症状に合わせてその痛みを生み出している腫れなどを抑えるようにしましょう。
イボ痔やキレ痔、痔ろうなど種類によって選択すべき対処方法は変わってきます。
中にはイボ痔には効果的だけど痔ろうには、悪影響を与えてしまう事もあるので、それぞれに適した方法でケアを行なう事が重要になります。

No Comments »

データで見る痔

痔は、日本人のおよそ3割の人がかかっているとも言われており、あるデータでは7割の人が症状を体験した事があるというデータまであります。
つまり痔は、決して恥ずかしい病気なのではなく、風邪と同じようにかかりやすい病気の1つだと言えるのです。

痔は主にイボ痔、キレ痔、穴痔の3つ分ける事が出来ます。
まず痔の中でも最も多くの人がかかっているのがイボ痔です。
イボ痔は、なんと痔にかかっている患者数のおよそ6割を占めていると言われており、性別を問わずかかりやすい病気の1つです。
キレ痔は、男性よりも女性が多く、便秘や妊娠などを機に発症する人が多くいます。
穴痔は、女性よりも男性の方が多く、下痢などが原因となって引き起こされます。

このように痔は、非常に多くの人がかかっており、老若男女問わずかかりやすい病気なのです。
だからこそ、今ヒサヤ大黒堂の薬の効果を多くの人に確かめてもらい、多くの肛門に平和を取り戻して欲しいのです。

No Comments »

出血がある場合は

痔は決して痛みやかゆみなどの自覚症状があるわけではありません。
全くその存在に気付く事なく過ごし、気付いた時には悪化した状態な事もあります。
この際にまず気付くきっかけとなる1つが、排便時の出血です。排便時の出血は、基本的に肛門やその付近が原因となっているか、消化器官が原因となっているかのどちらかです。

排便時に出血を確認した場合には、まず内痔核の可能性が考えられます。
内痔核は、腫れ上がるまでは体外に見える事もありませんし、痛みを伴う事もありません。
その為、出血によって初めてその存在を認識する場合も少なくないのです。
排便時の出血で体外側の肛門付近に痛みを感じた場合は、外痔核を疑いましょう。

またこれらのような肛門付近が原因でない場合は、腸疾患である可能性があります。
その為、排便時に出血した場合は、痔だと決めつけるのではなく、一度専門医に診察してもらいましょう。
診察結果が痔だった場合は、症状に合わせてヒサヤ大黒堂の薬や手術などで治療計画を立てていきましょう。

No Comments »

痔ろう発症の流れ

イボ痔やキレ痔と違って、肛門とは少し離れた場所に出来るのが痔ろうです。穴痔とも呼ばれます。
痔ろうは、急に発症するものではなく、そのほとんどが肛門周囲腫瘍を先に発症する事になります。

この肛門周囲腫瘍は、肛門自体に何か問題が発生するのではなく、肛門の周りが痛みや腫れなどを感じる病気です。
原因としては、便が体内の肛門付近にあるくぼみに侵入してしまい、炎症してしまう事です。
その結果、体内から肛門周辺へと膿が溜まってしまい、お尻側へと腫れてしまいます。
これは患部を切開して膿を出すなどすれば、治す事が出来るのですが、問題なのはこの後です。

肛門周囲腫瘍は、治癒した後も体内の肛門付近にあるくぼみとお尻の皮膚を繋ぐ穴が塞がらない場合があります。
このトンネルのような穴が痔ろうです。
こうなってしまうと、患部から膿が常に出やすくなってしまったり、鈍い痛みが継続的に続いてしまったりします。
痔ろうになってしまった場合は、イボ痔やキレ痔と同じようにヒサヤ大黒堂の薬などによる治療だけではなく、手術をメインに考えておいた方が良いでしょう。
特に膿が出続ける場合には、早めに手術を行っておき、穴が小さな間に治してしまう方が良いでしょう。

No Comments »

自宅で様子を見るなら

痔になってしまっても、なかなか病院に行こうと言う決心は出来ないものです。
本当は病院に行くべきだろうけど、もしかしたら治るかもしれないと思ってしまう人も多いでしょう。
悪化させない為にも、自分で出来る痔の予防や対処方法を行っておく必要があります。

例えばその1つがヒサヤ大黒堂の薬です。
ヒサヤ大黒堂の薬は、天然由来の成分しか含まれていないので、非常に身体に優しいものです。
また痛み止め成分などが入っている対症療法の薬と違って根本治療の為の薬なので、塗っているだけで完治する事もあります。

また自宅で気軽に行える対策の1つとしては、肛門括約筋を鍛えておく事も方法として挙げられます。
肛門括約筋とは、排便時に肛門を運動させる筋肉の事です。つまり肛門をぎゅっと閉めたり、緩めたりなどの運動をしておくのです。こうする事によって、排便をスムーズに行えるようになる場合や、肛門付近のうっ血を解消出来る場合もあります。

自宅で様子を見る際には、これらの方法を試しながら、悪化させないように注意しておく必要があります。

No Comments »

排便後は

痔が悪化してくると大変なのが毎日行なう排便です。
ただでさえ痛いのに、そこから便を出さなければいけないとなると想像を絶する痛みを伴う事になります。
またそれだけではなく、腫れたり傷になったりしている部分を不潔な便が通るわけです。だからこそ、慎重すぎる程にケアしておかねければ、症状を悪化を招いてしまう事になります。
痔は悪化してしまうと、なかなか治りにくい病気なので、出来るだけ初期段階で治してしまうのが望ましいのです。
その為には、毎日行なう排便の際には、以下の事に注意しておく必要があります。

まず1つが洗浄です。
便は非常に多くの菌がいます。その為、排便をした後は拭くだけではなく、綺麗に洗浄しておかなければなりません。
その為、出来ればウォシュレットトイレを利用するようにしておき、不潔な状態を一刻も早く解消出来るようにしておくべきです。
またウォシュレットがない場所で排便出来るように、市販されているおしりふきを常備しておくのも1つの方法です。
そうする事で、肛門の清潔を保つ事が出来ます。

またその後は、患部の消毒やヒサヤ大黒堂の軟膏を塗るなども忘れずに行っておきましょう。
このようにしておけば、排便による痔の悪化を防ぐ事が出来ます。

No Comments »

外に出来る痔

痔の中でも最もかかりやすいと言われているイボ痔は、肛門よりも体内側で出来る場合と体外側で出来る場合があります。
このうち外側で出来た物を外痔核と言います。

外痔核は、初期のうちは大きな痛みもなく、肛門の外側に何か出来物がある程度の認識ですが、悪化してしまうと大きな痛みを伴う事もあるので注意が必要です。
もしこれに気付いたら、早めにヒサヤ大黒堂の薬を塗って、悪化しないようにしましょう。

外痔核の場合、悪化してしまうと突然痔の中で血が固まってしまう事があります。
こうなってしまうとこの病気は激しい痛みを引き起こしてしまい、座る事すら困難になってしまいます。この状態になると、病名は「外痔核」から「血栓性外痔核」になります。この血栓は衝撃を加える事で、突然破裂してしまう事もあります。そうなると痛みだけではなく、大量の出血を引き起こす場合もあります。

外痔核の場合は、初期ならヒサヤ大黒堂の薬などを使用して、経過観察する事が多いです。
しかし、症状が悪化してしまい、激しい痛みや大きな腫れを感じる場合には、手術を行なう事も視野に入れておいた方が良いでしょう。
手術が必要な程悪化しないように、薬をしっかり塗って規則正しい生活を心がけましょう。

No Comments »

内から迫る痔

痔には幾つかの種類があります。その中でも最もかかりやすい痔の1つがイボ痔です。
イボ痔は痔核とも呼ばれており、痔で悩んでいる人のおよそ半分はこのイボ痔だとも言われています。

このイボ痔はどの場所に出来るのかによって、症状や対処が少し変わってきます。
このページで触れておきたいのが、歯状線よりも体内側で起きているイボ痔です。
これは内痔核と呼ばれており、初期はあまり痛みを感じない為、注意が必要な痔の1つです。
この内痔核が悪化してしまうと、排便時に中で破裂してしまい出血してしまう事があります。またこのイボ痔が大きくなってくると、肛門から体外へと出てしまいます。
こうなってくると、イボ痔はかなり進行してしまっているので早急な治療が必要になります。
もしこのまま放置していると、いずれこのイボ痔は体内に戻る事がなくなってしまい、嵌頓痔核になってしまう可能性もあります。
この嵌頓痔核は、非常に激しい痛みを伴うだけではなく、場合によっては患部のうっ血が悪化してしまい、細胞が死んでしまう場合もあります。
こうなってしまわないように、内痔に気付いたら出来るだけ早急な対応が必要になります。
ヒサヤ大黒堂の薬を塗ってみる、病院に行ってみるなどしましょう。

No Comments »

たばこと痔の関係性

昔は、「たばこ=かっこいい」という風潮がありました。
しかし近年では、たばこの害についての発表が多数されており、日に日に喫煙者の肩身は狭くなっています。

たばこの害として挙げられている点は多数あります。もちろんそれは痔も例外ではありません。
痔をきっちりと治したいのなら、ヒサヤ大黒堂の薬を塗るだけではなく、こういった原因となる行為にも注意を払っておくべきです。

たばこが痔に影響を与える点としてまず挙げられるのが、ニコチンや一酸化炭素による血管の収縮です。血管が収縮すると、自然と血行不良が引き起こされやすくなってしまいます。
これが肛門周辺でうっ血を起こす原因となってしまい、痔を発症させてしまったり、症状を悪化させたりしてしまいます。

またたばこは、ビタミンCを消費してしまいます。
ビタミンCと痔は、一見関係のないように見えます。しかしビタミンCは不足してしまうと、体内にあるコラーゲンの働きが充分に行えなくなってしまいます。その結果、細かい血管が弱ってしまい、痔の原因になる事もあるのです。

このように、たばこは痔の原因となる事もあるので、痔でお悩みの方は禁煙も視野に入れておいた方が良いでしょう。

No Comments »