ヒサヤ大黒堂~お尻の痛みよ、サヨウナラ~

Just another WordPress site

おすすめサイト

No Comments »

簡単に自宅でケア出来る座浴とは

痔が悪くなってしまうと、本当に何をするにしても辛くなります。立ち上がったり座ったりする動作すら辛い、なんて人も知り合いにいました。
ここまで悪化してしまうと、厄介なのが排便のあとの洗浄です。
どうやら痛みがひどくなると、ウォシュレットの弱ですら痛みを感じてしまうらしいのです。もちろん、トイレットペーパーでゴシゴシ拭く方が痛いので、結局はウォシュレットを使うらしいのですが、毎回排便が嫌になるそう。

そこで彼がお医者さんで聞いたのが、座浴と呼ばれるものです。
座浴とは、お尻だけをお湯に浸ける方法で、洗面器があれば誰でも簡単に出来ます。
洗面器にお湯を入れて、便器にはめ込むだけです。あとは肛門部分をお湯に浸せば簡単に洗浄できます。
一度洗っただけでは汚れていることもあるので、お湯を替えてもう一度すると確実に綺麗になります。
実は、この方法を聞いてからは私もシャワーだけで済ます日にこの座浴をしています。
手軽に肛門やお尻を温められるので、血行を促進してくれ、うっ血の解消も期待出来るので、一石二鳥です。

No Comments »

体質を確かめる

痔は悪化すると非常に辛い病気です。
トイレやお風呂などが辛くなるのはもちろん、普通に座ったり立ち上がったりすることすら辛くなります。痔は絶対に放置しないで下さい。その分だけ治りにくくなります。

ではどうやって治せば良いのかですが、全員に効果のある方法は恐らくありません。
近年では、手術の技術も上がり、レーザーなどで患部を取り除くことが出来る場合もあります。しかし、全員が手術可能なわけではなく、手術をしても完治しない場合や再発する場合もあります。まずはお医者さんに行って、どのような状態なのかを見てもらうことから始めた方が良いです。
もし完治が難しいと判断された場合は、是非ヒサヤ大黒堂の薬を使ってみて下さい。
塗り続ければ手術では完治しないと言われた方でも、完治が狙えます。
ただし、人によってはヒサヤ大黒堂の薬が合わない人もいるようですね。確かサンプルをもらえたはずなので、とりあえず試してみて体質に合うかどうか確認してみるのをおすすめします。
ヒサヤ大黒堂の薬で諦めていた痔の症状が緩和された時の喜びを是非感じて欲しいです。

No Comments »

もう少しで痔とサヨウナラ出来る

痔ってなかなか完治しないので、病院で診てもらい薬を処方してもらっていても、その場しのぎって感じがしますよね。痔がない生活に戻りたくても、そう簡単には戻れません。

そんな悩みを抱えていた時に出会ったのがヒサヤ大黒堂の不思議膏でした。
確か最初はサンプルか何かをもらい使っただけでした。少しでもマシになれば良いなと思いながらも、あまり期待せずに使っていたのを覚えています。
しかし不思議膏を塗ったその日からどんどんイボが小さくなっていき、痛みや出血を感じることが圧倒的に少なくなったのです。

これは私に合っていると思い、その日から継続してヒサヤ大黒堂の不思議膏を使わせてもらっています。
ただ材料にこだわっている分、値段が高いのが難点ではありますね。なので、推奨されているような頻度で使うのはさすがに厳しいので、自分なりに節約しながら使っています。
それでも痔はほとんど綺麗に治ってきており、もう少しで完治です。
痔とサヨウナラ出来るのが今から楽しみです。

No Comments »

痔の強い味方ウォシュレット

痛みを伴う痔を持っている方は、排便で辛い思いをした人も多いでしょう。
これ以上悪化させないためには、排便時にきちんと肛門を清潔にしていかなければなりません。肛門には細かいしわがたくさんあるので、汚れをきちんと拭き取るのは大変ですが、汚れているとそれだけで痔の悪化を招いてしまうので注意が必要です。
しかし、清潔にこだわり過ぎるあまり、トイレットペーパーで肛門を刺激し過ぎるのも、傷をつけてしまうので避けておくべきです。

そこで痔持ちにとってありがたいのがウォシュレットです。
痛みに耐えながらも汚れてしまった肛門を優しい温水で清潔にしてくれます。
この時大事なのが、ウォシュレットを使って清潔にしたあと、きちんと肛門を乾燥させることです。湿気が多く含まれていると、雑菌が繁殖しやすくなるので、トイレットペーパーで水気を充分に拭きとっておくことが大事です。

痔にとって強い味方と言えるウォシュレットですが、中には間違った使い方をしている人もいます。ウォシュレットは基本的に排便後に使用するものですが、たまに排便時にウォシュレットを使用する人もいます。ウォシュレットで肛門に刺激あたえて、排便を促しているのです。このような使い方はウォシュレットへの依存を高めてしまうのであまりおすすめできません。
ウォシュレットは、清潔にするためのものとして使用しましょう。

No Comments »

肛門に優しいお風呂の入り方

痔の人にとって、血行不良は大敵です。
肛門周辺の血行が悪くなってしまい、痔を引き起こす場合や、症状が悪化する場合が少なくありません。

そこで簡単にこの血行不良を解消出来るのが入浴です。
シャワーだけで済ませるのではなく、湯船でお湯につかり、身体を充分に温めておけば、痔の改善や予防が期待出来ます。
ただし、間違った入浴方法は肛門に余計な負担をかけるので、入り方には注意が必要です。

例えばその1つが温度です。
もし既に痔の症状が悪化し、傷口が出来ている場合には、肛門付近の血行が急に良くならないような配慮が必要です。お湯を38~39度のぬるめにしておき、ゆっくりと肛門付近を温め、穏やかに血行が良くなるようにしましょう。
傷がない場合でも、熱いと感じるような温度は避け、40度程度にしておくと、肛門に余計な負担をかけずに済みます。

他には、入浴時の肛門の洗い方も重要です。
肛門は皮膚の中でも、粘膜のように繊細な部分です。その為、石鹸屋やボディーソープを使用してゴシゴシ洗うと、傷つけてしまったり皮膚の状態を弱くしてしまったりします。
肛門付近は、便を綺麗に取り除けば問題ないので、過剰に洗浄するのではなく、ぬるめのお湯で優しく洗ってあげると良いでしょう。

このような点に注意して、肛門に優しい入浴を心がけましょう。

No Comments »

肛門の実力

人の中で「機能性の高い器官」ってどこだと思いますか?目や耳、鼻など大事な器官は、幾つもありますよね。
これらの器官に負けず劣らず、機能性の高い器官が肛門です。

肛門の優秀な所は、なんと言っても肛門周辺に迫ってきているものが、おならなのか便なのかを判別する事です。
もしこれが判別出来なければ、おならをしたいと感じる度にトイレに行かねばならず、実際に出してから判断する事になります。これではガスが溜まる度に焦らなければいけません。
しかし実際は、繊細に作られている肛門周辺の粘膜が察知する事により、おならなのか通常の便なのか、下痢なのかなどを判断して、大脳にまで伝達しています。
もしこれが伝達されなければ、下痢だとわからずに油断して過ごしてしまい、漏れが多発するかもしれません。おならだと思いきや、下痢などとなれば目も当てられません。
このような大惨事を引き起こさない為にも、肛門の健康を脅かす痔は、早急な対応が求められているのです。
健康な肛門でいれば、大惨事を防げるだけではなく、排便に伴う苦痛も感じずに済みます。

No Comments »

妊娠と痔

痔の症状で悩んでいる人に多いのが、妊娠の時に痔になったと言う人です。
とは言っても、出産時の痛みの方が遥かに強い為、妊婦さんの多くはあまり痔を気にしていません。
しかし初期症状の痔ならともかく、放置してしまい重症化してしまうと、子供が生まれた後も痔の痛みと長期的に付き合っていかなければならない為、何らかの治療は行なっておきたい所です。

そのような時に使えるのが、ヒサヤ大黒堂の薬です。
ヒサヤ大黒堂の薬は、自然の力を使った身体に優しい薬です。
その為、妊娠によって医薬品があまり使用出来ない人でも相談すれば使う事が出来ます。
友達も妊娠した際に痔になってしまったので、ヒサヤ大黒堂を教えた所、早速取り寄せていました。もちろん、塗り始めてから少しずつ治っていき、子供が生まれた後には綺麗に治ったみたいです。

妊娠時は、下半身が圧迫されてしまい、痔になりやすくなっています。
出産後に痔に悩まされない為にも、出来るだけ早めにケアを行なっておくのがおすすめです。

No Comments »

肛門の状態を察する

痔は、ある日突然やってくる事も少なくありません。
排便時の力みなどが引き金になって、突然痛みや出血を伴うようになるのです。
しかし実際には、肛門やその内部は、突然痔を発症するわけではありません。
何かしらの理由で粘膜が傷んだり、血流が悪化したりする事によって状態が悪くなり、そこから痔の症状へと発展しただけなのです。肛門やその内部は、どのような状態なのかを自分で確認する事は出来ません。その為、状態が悪化している事になかなか気付け無いだけなのです。状態が悪いのに排便時に無理に力むなどすれば、発症してしまうのも当然だと言えます。せめて状態が悪いのか否かさえわかれば、対策を講じる事も出来ますよね。

そこで肛門周辺の状態を察知する為に、気にしておきたいのが口内や唇です。
口内や唇は、肛門周辺と作りや細胞、粘膜などが似ています。その為、口内炎が出来ている時は、肛門周辺の状態も悪いと察する事が出来るのです。
このように意識しておけば、肛門の状態を直接見る事は出来ませんが、肛門やその内部の状態を予想する事が出来ます。
その結果、肛門のケアを意識する事が出来るようになり、痔を予防する事が出来るのです。

No Comments »

毎日の排便が痔へと繋がる

痔は非常に厄介な疾患です。
特に痛みを伴う痔の場合は、座りっぱなしが多いデスクワークの人にとっては致命傷です。
また痛みを伴わない場合でも痔になっている場合もありますし、気付かないうちに痔になりやすい生活習慣を送っている可能性もあります。

そこでまずチェックしておきたいのがトイレにどれぐらいの時間滞在しているのかです。
トイレでの滞在時間が概ね5分以内に収まっている場合は特に問題ありません。スムーズに排便が出来ている証拠なので、排便による肛門への負担は小さいと言えます。ただし下痢の場合は、穴痔に注意しておく事と、清潔に保っておく事を意識しておく必要があります。
トイレの滞在時間が5分以上10分以内の場合は、少し長めと言え、肛門へ負担が少しかかっていると言えます。特に10分間のほとんどを力んでいる場合は、それだけ負担がかかっています。排便をよりスムーズに行なう為にも、朝食後など毎日同じ時間帯に排便出来るよう心掛けておけば、改善が望めます。
10分以上トイレに滞在している場合は、かなり肛門に負担をかけています。いつ痔になってもおかしくないと言えるので、注意が必要です。

このようにトイレの滞在時間1つ取っても、痔になりやすい人となりにくい人に分ける事が出来ます。まずは出来るだけ排便がスムーズにいくよう心がけましょう。

No Comments »

魚を食べて排便機能向上

痔は排便に支障を来たす事で、誘発してしまう事が少なくありません。その為、ヒサヤ大黒堂の薬がいくら効きやすいと言っても、また硬い便で治ってきている患部を刺激してしまっては元の木阿弥ですよね。
そこで痔を治す為に必要になってくるのが、排便機能を補助する役割を持っている食べ物を積極的に食べる事です。食べ物の中には、便秘になりやすい食事や腸内環境を悪化させやすい食事もあります。それらを食べ続けていては、痔が治りにくいのも当然です。今一度食生活を見直す事で、痔と戦っていきましょう。

排便機能を向上させる食べ物は幾つかありますが、その中でも特に摂取しておきたいのが魚です。魚が便に関係しているのは意外かもしれませんが、魚には適量な脂質やビタミンが多く含まれています。脂質やビタミンは、排便をスムーズにする効果や肛門付近の細胞を守る働きがあります。その為、魚を積極的に食べる事で、痔の予防や症状の緩和を期待出来ます。魚はお肉と違って、腸内環境を悪化させる心配がない事も、良いですよね。

このように、排便機能を高める食べ物を摂る事で、痔の根本的解決に繋がっていくのです。

No Comments »